2016年04月13日

第12回 明日さんと仲良くおしゃべりをしたかった回 〜明日さんがタイトルだけでBLを考えてみた〜

今回はいつもと雰囲気が違い、異種間交流的要素を含みまして、
かつ私が刀剣乱舞脳死状態だったので
少し、いや大分、何がしたかったのか(いや、明日さんと仲良くしゃべりたかっただけなんですけど)わからなくなり事故を起こしました。ごめんなさい。

私は脳死クソ野郎と化してますが、明日さんの謎のポテンシャルをお楽しみください。
パン、ジャンプ、ラップ、…そしてBL(?)明日さんはいったい何者なのか!!
今回の唯一の功績は明日さんの萌えツボを少しでも明らかにしたことですかね!
明日さんのことがもっと知りたい方はこちらからどうぞ。
http://ashitasan.com/

本当に筆舌尽くしがたいご迷惑をかけたにもかかわらず、
平然と公開許可いただき、ありがとうございます、ありがとうございます、ありがとうございます。



音読する勇気の出なかった未収録の「明日さん版テンカウント」はこちら☆

「10数える間に眠くなる。眠っている間のことは、あなたは覚えていません。」
君のその言葉が非日常への合図。
君が遊びで始めた催眠術に、僕がかかったフリをしたのがはじまり。
「今日は口でしてよ。」
君のを愛撫しながら、考える。何故最初に断らなかったのかと。
君に対してそんな気は持っていなかった。間違っても俺は男は好きじゃない。
「そういや前は焦ったわー。あのあとお前が喉が痛いとか言い出すから」
それは君が僕の頭を掴んで乱暴にしたから。ちょっとした意趣返しでやったこと。結局僕は風邪をひいたことにしてあげた。
それにそれを言うなら別の時だって
「ぁっ……」
でも僕は、こうやって見上げた時の君の上気した顔がたまらなく
「っ……」
ほら、また僕の頭を

いつしか僕はそのテンカウントを待ちわびるようになった。
あぁ、どうやら僕は本当に催眠術にかかってしまったようだ。
タグ:腐女子 BL
posted by 西陣 at 05:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: